印鑑の管理の仕方について

意外と多くの方は印鑑という物を詳しく把握していないと思います。特に認印と銀行印の違いなどをよく分かっていないという方は多いと思います。ただ、そういう方でもさすがに実印についてはその重要性からかかなり分かっていると思います。ですが、上記の認印と銀行印については実際にそこまで厳密に違いを意識して扱っていないと思います。それはどうしてかというと、認印も銀行印も両方共特に役所に届けたりしないからです。ですから、実印ほど認印と銀行印を大事な物と思っていない方も多いと思います。ですが、今後はそういう意識は持たないようにした方が良いです。そうしないと、実印は大事に保管しているという場合でもそれ以外の認印や銀行印は適当に保管してしまう事もあるからです。実際私もなぜか実印は大事に保管していたのですが、認印や銀行印は実印ほど厳重に保管していませんでした。それはやはり心のどこかで認印や銀行印はそこまで大事な物と思っていなかったからだと思います。ですが、今は違います。今は認印も銀行印も実印と同じように扱うようにしています。それはどうしてかというと、そうしないと認印も銀行印も紛失してしまった事があるからです。特に銀行印を紛失した時は本当に慌てるので注意が必要です。